健康経営活動推進チーム
2018.11.22
健康経営活動推進チーム
健康経営活動ブログ

みなさんこんにちは。

広報のamです。

オフィスフルーツで立派なバナナをいただきました!

 

 

 

 

 

 

甘くてボリュームもあり、美味しくいただきました!

 

今回は身近なフルーツのバナナについてちょっと書いてみようと思います。

バナナはリーズナブルで年中手に入れることができますよね。
そんなバナナ。実は栄養満点で、一本約86kcalしかありません。

ごはん一杯(160g):約270kcal
食パン一枚(6枚切り):約158kcal

なのでとってもヘルシーなんですよ♪

それなのに、私たち人間に必要な栄養素がたくさん含まれている食材なのです!

【ビタミン類】
バナナには美容に良いと言われるビタミンB類が豊富に含まれています。
捨ててしまいがちなスジの部分にも肌の酸化を予防するポリフェノールが豊富です。
ビタミンB6が特に豊富に含まれており、一本で一食分に必要なビタミンB6が摂取できるそうですよ。

【カリウムや食物繊維】
バナナにはカリウムや食物繊維も豊富で、便秘予防や利尿作用によりデトックス効果もあります。
バナナダイエットが流行ったことがありますが、ダイエットの強い味方のようですね。

【マグネシウム】
バナナには歯や骨の形成を助けるカルシウムの吸収を促進するマグネシウムが豊富です。
小さなお子さんのおやつに取り入れると成長を助けてくれそうですね。

【トリプトファン】
バナナにはトリプトファンという栄養素も含まれています。
体内に吸収されると、リラックス効果の高いセロトニンというホルモンに変ります。
イライラ解消や安眠効果もあるそうですよ。

バナナは加熱しても栄養素が失われることはないそうなので、
バナナケーキや焼きバナナなどアレンジができますし、
アフリカ諸国では青いバナナを蒸して主食として食べる地域があったりします。

バナナについてちょっと詳しくなれましたか?

これからもたまにフルーツの栄養素について書いていければと思います♪